葉酸サプリは「無添加成分が安心」厚生労働省も推薦している!

厚生労働省では、妊娠したいと思っている女性や妊娠中の女性に対して、普段の食事から摂取できる葉酸だけでなく、サプリなどから1日400μgのモノグルタミン酸型葉酸を取ることを推薦しています。

厚労省が勧めているのはそれだけの理由があるようです!

ただし葉酸と書いてあれば大切な栄養素が補えるわけではありません。

葉酸サプリを選ぶときは安全性が高い、無添加などをチェックしながら厳選していきましょう。

葉酸サプリは安心の無添加を選ぶこと

葉酸サプリを選ぶときに、大切な身体だからこそ安心できる無添加を選びたいと思うものですよね。

種類もたくさんあるなかで、できるだけ香料・着色料・保存料などの食品添加物が含まれていない商品を選ぶ必要があります。

サプリの質も正直言って、ピンきりですし、添加物の含まれている商品は発がん性を高めてしまうようなことも伝えられています。

妊活中の女性だと、不妊症の原因になってしまう可能性もあるようです。

また、妊娠中の女性は胎児に悪影響を及ぼす可能性もあると考えられています。

葉酸サプリを選ぶときに、添加物ができるだけと言うより無いもの、安心して飲み続けることができるかどうかで、選ぶように心がけることが大切です!

葉酸サプリはGMP認定生産がおすすめ!

サプリでよく見かけるのが「GMP認定工場」で生産されているものであることです。

Good Manufacturing Practice(適正製造模範)の略称になります。

これは食品医薬品局で定めている「GMP」の基準をクリアしている工場であるということです。

この基準を満たす為には厳しい審査があり、一定の基準を満たしていないと取得することができません。

例えば全成分の栄養成分を分析したり、加速安定性試験や微生物試験などの各種試験が行われています。

工場で製造する段階はもちろんのこと、使用している原材料や梱包作業、出荷時のすべての基準を満たしていることになります。

販売元の公式サイトを見てみて、GMP認定工場生産と書かれているものを選んでください。

これらをまとめてみると、葉酸サプリを選ぶときに、毎日飲み続けるものだからこそ安心できる無添加のものを選びたいものです。

厚生労働省が推薦しているだけの理由があり、妊娠中の女性はもちろん妊活中で赤ちゃんがほしいと思っている女性にとっても葉酸をサプリから摂ることは効率的にも良いでしょう!

必要な栄養素だけを飲むだけで手軽に摂取できることがサプリのメリットです。

どの葉酸サプリでも不足しがちな成分を補うことはできますが、飲んでいて後悔しない安心の無添加商品を続けることが何よりも大切なことなのです。

タイトルとURLをコピーしました