葉酸とは代謝に関わりの深い水溶性のビタミンB群の一種です。

タンパク質や核酸の合成に欠かせない栄養素で、細胞の代謝に深く関わっています。

核酸とは遺伝子情報を保存、伝達するいわば生命の根幹部分です。

妊娠初期に葉酸が欠かせないと言われるのは、この時期に赤ちゃんの様々な細胞が作られるからです。

葉酸は赤血球を作り出すために必要な造血ビタミンとしても欠かせない成分です。

最近の研究では血液中のコレステロール値の抑制に関わる働きがあることが解明され、注目度が高まっています。

葉酸が不足すると心血管系の疾患や悪性の貧血などを起こしやすくなると言われています。

また飲酒や避妊薬などを服用している人も不足しがちになる傾向があります。

葉酸は水溶性ビタミンの部類に入るため、過剰に摂取した分は尿によって排出されるため、過剰摂取をあまり心配せずに積極的に摂取すべき栄養素の1つです。

 

妊娠を望むなら葉酸不足に気をつけよう

葉酸とは健康な体を維持するために欠かせない栄養素のため、不足すると個人差にもよりますが体にさまざまな影響が出てしまう可能性もあります。

特に妊娠初期には葉酸の栄養素を意識的に摂り入れるなど不足しないように気をつけなければなりません。

また授乳期に葉酸が不足してしまうと赤ちゃんの発育が遅れがちになる傾向が指摘されています。

葉酸は普段あまり意識することがないため、足りていないことに気付きにくい面がありますが、妊娠を望んでいる場合には、妊娠前から充分な摂取を心がけるようにしておきましょう

葉酸の重要性の認知度を高めるために母子手帳にも記載がされています。

妊娠のごく初期段階はまだ妊娠していることに気づいていない場合も多いものですが、実はこの時期にこそ葉酸が必要だということは覚えておきましょう。

 

すっぽん小町で不足しがちな葉酸をしっかり補充

葉酸はほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、レバー、豆類などに多く含まれています。

不足がちにならないためには普段からこうした食材を積極的に摂ることが大切です。

しかし葉酸は水や熱、光に弱いデリケートな成分のため、全てを食品から摂るのはなかなか難しいものです。

その場合はすっぽん小町のような天然の成分で作られているサプリメントで、葉酸の替わりになるような栄養素を補ってあげると良いでしょう。

妊婦さんや授乳中にすっぽん小町を飲んでいる方も多いようです。

すっぽん小町はコラーゲンやアミノ酸を筆頭に、カルシウムやその他のビタミン類など妊娠中や授乳時期に必要な成分をバランス良く含んでいます。

天然の成分で作られているため副作用の心配がなく、安心して使用することができます。

すっぽん小町に関して詳しい解説はこちら⇒ すっぽん小町 効果